町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

聖者の行進

今日、レッスンを終えて自宅に帰ると
小学3年生の甥っ子が、また遊びにきました。

私が帰るや否やリコーダーを取りだし
学校で習ったばかりの「聖者の行進」を
披露してくれるのですが、決まって曲の
一番最後の音が「ヒョー」っと外れるのです…

納得がいかない様子で何度も吹き直すのですが、
やっぱりそこだけ上手くいかず、
もうムキになって力まかせに吹いてみたり、
指に穴の痕がくっきりとつくくらいに
指先を力ませて真っ赤な顔して吹く始末…


私自身が子供の頃、上手くいかない時に
まわりからあれやこれや言われると混乱して
余計に出来なくなるタイプだったので、
落ち着くまではあまり口を出さない
ようにしているのですが、
さすがに頭から湯気が立ちのぼりそう。

そこで、私が一言。


「曲の出だしの一番最初の音とその音は
同じ音だから、吹き始める時と同じ気持ちで
最後の音も吹いてみたら!」


すると、どうでしょう!
あっさりと、成功!!


イメージの大切さを改めて感じました。。。

私は、普段、レッスンの時、
出来るだけ色々な言葉で伝えるように
しているのですが、みんなそれぞれ
受け止め方、感じ方が違うので、
時々、伝わっただろうか…??
と不安になることがあります。。。

でも、今日、ちょっとだけ励みになった気がします。

明日はニーニャ(子供)レッスンなので、
上手く伝わるといいな。。。



しかし、その後、すっかり調子づいた甥っ子の
「聖者の行進」を何十回も聞かされる
こととなったのでした…

今でもあのフレーズが頭から離れません…





スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/11/18
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/126-f9b1e590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: