町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

デッサン

先日の日曜日は、3/16、17に開催される
「たま学びのフェア」の実行委員会でした。

この日、生徒さんが出演するライブがあったので
駆け付けたかったのですが、泣く泣く断念…。

早いもので、昨年から毎月行われていた
実行委員会の会議も次回、行く時には、
もう前日の準備にとりかからなくてはなりません!

私がこだわっていたアトリウムのステージ位置を
通常よりも中央にもってくる案も
どうにか通りそうです。

会議の後は、私の右腕、アシスタントの友人にも
会場に足を運んでもらい、色々なことを想定しながら
細かく打合せをしました。

前日に、昨年、このライブを撮影した動画を
二人で見ながら、動きやライブの流れについて
話し合いました。

その反省を生かしつつ、本番に臨みたいと思います!


そして、今朝は早起きをして、
またまた友人と朝のミーティングです。


大好きなコーヒーとソーセージが2枚重ねの
メガマフィンなるものを注文。


  DSC_0342_convert_20130219005413.jpg


朝から衰えを知らない食欲です…

3月発行のフリーペーパー「サンケイリビング」さんの
習い事特集の記事にスタジオの情報を掲載するため、
原稿の校正です。

この記事がきっかけで、まだお会いしていない
誰かのもとへ縁が繋がりますように。。。


コーヒー片手に携帯に届いたメールを見返す。

私が行けなかったライブを終えた
生徒さんからだ。

その文章だけでも、本番という大きな山を越えて
何かを手に入れた実感と清々しさが伝わってくる。

みんな、迷いのなかにいる時というのは
現実の混沌にのみ込まれて、
自分がどこにいるのかさえ
わからなくなるものだ。

以前、あの今をときめくプロデューサー
秋元康氏がなにかの記事でこうコメント
していたのを思い出した。


「失敗」というのは、ない。
人生も仕事もデッサンみたいなもので、
何ミリの極細のペンを渡されても、
いきなり一カ所も間違えないで
描ける人はいないですよね。

仕事も人生も同じで、一本の線にあんまり
臆病になっちゃうとだめだと思う。
一番いけないと思うのは、
そこでペンを持ったまま止まっちゃうこと。
描かなかったら始まらない。



何本もはしらせた線は、やがて輪郭を
浮かび上がらせる。

ふり返った時、形作られた
それが人生なのだと思う。。。


そんなことを思いながら
朝日を浴びて、メガマフィンを頬張るのでした。

スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/02/19
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/158-ab4ad7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: