町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

叔母心

先週は、自主ライブに出演した生徒さんを差し置いて、
一番興奮気味な私がレッスンの度にライブの感想や
報告などをしゃべりまくっていたせいで、声がかすれ気味に…

そして、案の定、疲れと気が抜けたせいか
風邪をひいてしまいました…

昨年の年末は、忘年会など楽しいイベントが
目白押しの時期に声がすっかりかれてしまい
一言も声を発することが出来ず、悲惨な状況だったので、
今年は二の舞にならないよう気を付けなければ!
と思います…


さて、先日、甥っ子がまた家に遊びにきていました。

小学4年の後半ともなると、だんだんと口調も
大人びてきて、一著前な口を利いたりもします。


たいがいの事は、私も笑ってすませたり
ちょっとたしなめる程度なのですが、この日ばかりは
私もつい本気で怒ってしまいました。。。


「オレの学校に、外国人の女がいて、そいつ
すげーキモイんだよね!」


「その子が何か嫌なことしたの?」


「べつに!だって変な苗字だし、みんなキモイって言ってるもん。」


「自分がキモイなんて言われたらどんな気持ちになる?」


「べつに。」


「人の嫌がる事を言うといつか必ず自分にかえってくるんだよ!」


「ヘッ、まさか。」


「言われたその子もまわりの人も、今、それを聞いた私も
すごく嫌な気持ちになったよ。そうやって嫌な気持ちが広がって
自分に戻ってくるの!」


ついムキになって言い放つ私。
真っ赤な顔をしてうつむく甥っ子。


むかし、スペインで短期講習の語学学校に通っていた時
私が唯一の東洋人で、まわりは全員ヨーロッパ人というクラスでした。

担任の先生は、若いスペイン人男性で、ことあるごとに
私を例にあげて笑いをとろうとします。

たとえば、みなさんの国では普段、朝食は何を食べますか?
という質問に、私が答え終わると、先生は人差し指を顔の前で
横に振りながら「No,no,no」と言って
飛んでいるハエを掴んで、その手を口元に運びパクリと
食べるジェスチャーをして、笑いながら


「日本人は何でも食べるでしょ!」


それは、冗談やおふざけではなく、明らかに
人種差別でした。

私が何をしたわけでもなく、理由はただ日本人だからというだけで…。

彼の人生の中で、何がきっかけだったかは分かりません。
でも問題は彼の心にあります。


この不条理な世の中で、理不尽な世界を作るのは
いつだって人の心です。。。


自分自身が差別という名の鎖で、人を分別していたら
きっと人生は閉塞感でいっぱいになってしまうよ。


だから、そんな大人にはなってほしくないんだよね…おばさんとしては。

自分次第で世界は平等にも不平等にもなるんだから。











スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2013/11/01
Trackback:0
Comment:2

Comment

* 大丈夫?

潤ちゃん。体調大丈夫ですか?
大きなことが終わると気が張っていたのが抜けるから身体も壊しやすいんだよね。
どうぞ自分をセーブしながらお大事に!

甥っ子ちゃんへの言葉。
きっと心に残るし、言ってくれたことを感謝する日が来ると思う。
私も幼少期や留学時代にイジメや差別にあったから、自分の子供がいじめる側やいじめられる側にならないようにはどうしたらいいのか日々考えているよ。
甥っ子ちゃんには心の変化の日になったんじゃないかな。
2013/11/02 [may] URL #- 

* ありがとう。。。

mayちゃん、ありがとうございます!
おかげ様で風邪はだいぶ良くなってきました。

> 甥っ子ちゃんへの言葉。
> きっと心に残るし、言ってくれたことを感謝する日が来ると思う。

そう言ってもらえると少し気持ちが楽になります。
怒った後って何とも言えない、にがい後味が残るのよね…。

たまに会う甥っ子でさえ叔母として色々と心配になるので、
これが母親だったらその不安はよほどのものですよね!

mayちゃんも留学中に色々な経験をされたんですね。。。
また色々お話し聞かせて下さい!
2013/11/03 [Junko Abe] URL #- 

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/261-0a8e295e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: