町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

通しリハーサル

昨日は、3月15日(土)の「たま学びのフェア」に
フラメンコライブで出演するため、通しリハーサルを
スタジオで行いました。

出演する生徒のみなさん、お忙しいなか本当にお疲れ様でした!


その前日も、大きな本番を終えたばかりのマリポーサスのみなさん
お疲れのなか、ありがとうございました。。。

人前でフラメンコを踊るのが全く初めての入門の生徒さんも
初めてのギター合わせでしたが、臆することなくとても
堂々と踊っていましたね!

それから、ニーニャ(子供)たちもフォーメーションや
ライブの進行に沿った動きに動揺することなく、
一生懸命に理解しながら覚えようとする姿勢、大変立派でした!


スタジオをオープンして1年半が過ぎて、先生として踊り手として
手探りでここまでやってきました。

毎日、毎日、息を切らせて終える。
何が正しいのかわからないまま、時ばかりを見送っている不安もありました。

でも、時にそんな不安に対する答えは、不意にして一瞬のうちに
おとずれることがあります。

踊りのなかで生徒さんが今までにない秘めたパワーを発揮した時や
手や体の動きのなかで、その人にしか出せない空気を感じた瞬間などに出会う時。

こうして、私自身もみなさんによって育てていただいています。。。
そして、同時に未だ見ざる我にも気付くのです。



さて、今回「たま学びのフェア」は今までとは違う試みで
ホールをメインに催しをするため、実行委員会、そして
ホールを管理する市民館側、そして参加する団体との
間の連携が思うようにいかず、スケジュールを
なかなか立てられないのが、こちらの辛いところです。

そして、あろうことか舞台上でのリハーサルはおろか
場当たりをする時間さえももらえず、照明、音響も口頭のみの
打合せで、ぶっつけ本番という過酷な状況…

ギターさんやカンテのかたの調整、そして私自身のスケジュールも…。
そして、当然ながら参加する生徒のみなさんもお仕事やご家庭があり、
本当ならもっと、もっとリハーサルの回数を増やして、安心してみんなが
舞台に立てるようにもっていきたいのですが…かなり、みなさんに無理を
させてしまっていると思います。


しわ寄せが生徒さんにいかないように、私とスタッフのひろちゃんで
資料などを作って念入りに準備をしたり、段取りを細かく
話し合っているのですが、それでも、やはりこの先、
みなさんにご迷惑おかけしてしまうことがあるかと思いますが、
どうぞよろしくお願い申し上げます。。。

それから、この会場である大ホールは、キャパが1000人ちかくありながら
「たま学びフェア」自体、ほとんど宣伝されていないので
おそらく客席はガラガラだろうと…思います。
小さなお子さん連れのかた、ご近所のかた気兼ねなく
是非いらして下さいませ!









スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2014/03/03
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/305-f3a5eaed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: