町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

「雨」

DSC_0208+(1)_convert_20140325050551.jpg


こちらは、生徒さん手作りのアルバムです!
中を開けると、昨年の企画ライブ「a mi vera」の
私の写真が飾られていて、その衣装やライブの雰囲気を
イメージして作られているんです!

大変凝っていて、お花が立体的になっていたり
装飾も細かくて、渋い色合いが美しくとっても素敵です。。。

スタジオに飾ってありますので、よかったら見てみて下さい!



一昨日は、午前中にレッスンを終え、そのまますぐに都内へ行き、
一時間ほどの打ち合わせを済ませた後、その足で新宿文化センターに向かいました。

なんと、エバ・ジェルバブエナのフラメンコ公演「雨」のチケットを
生徒さんからプレゼントしていただきました!


もう、感動です。。。


なんと感謝をお伝えしたらいいのか…本当にありがとうございます。



さて、会場に着くと、やはり日本の狭いフラメンコ界、
たくさん知り合いがいて、久しぶり会う友達と嬉しくて
ロビーでつい立ち話。


エバは、私がフラメンコを初めた当初から大好きな舞踏家の一人。

ちょうどフラメンコに夢中になりはじめ、スペインに渡った時に
地元のテレビ番組で、エバを初めて見た時の衝撃は今でも忘れられません。

今でこそ、コンテンポラリーなど取り入れた動きやモデルノの
フラメンコは見なれてきていますが、当時の私にとって、
その出会いはフラメンコのイメージを大きく変えるものでした。

伝統、異文化、民族…そんな、縛られるものを解き放ち
人間に通底する、とてつもなく偉大な普遍性を内包する…そんな印象でした。


今回、この公演に出演している3人のカンタオール(唄い手)の一人、
エンリケ エル エストレメーニョは、私が新人公演の群舞で「奨励賞」を
いただいた時に唄って下さったかたで、その迫力ある唄声は圧巻です!

その唄声は、踊り手の感情を引き出すというよりは、
おし出すというほうがふさわしい!

ちなみに、余談ですが、エンリケ エル エストレメーニョは
私の亡き父にとてもよく似ていて、踊り手友達にもよく言われました。


この「雨」という作品は、エバのメランコリックな感情から
生まれた作品なのだそうです。

人は誰しも悲しみをたずさえて生きている。

そして、時の流れの果てにあるものとは?

心の深淵、人間という存在の底なき底にふれる…


そんな濃密な時間でした。。。

この熱い感情を抱きつつ、大切にもち帰り、
明日に繋げていきたいと思います!






スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2014/03/25
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/312-c6ef94f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: