町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

渡り鳥

先週の本番で、疲労していた身体がようやく回復してきました。

舞台が奥に向かって斜めに下がっていたため、身体のバランスをとるに
背筋で踏ん張っていたのか腰から背中にかけて筋肉が張ってしまって、
この一週間は、けっこうしんどかったです。。。

舞台の足場が安定していない床で踊るというのは、身体に相当の負担のようで
参加した生徒さんの中にも緊張による力みも相まって、背中や肩など
筋肉痛になってしまったかたが、やはり多かったようです。

みなさん、お風呂上がりなど身体が温まった時にゆっくりとストレッチして下さいね!


さて、疲れもとれてきたところで師走に向けて一気に突っ走っていかなくてはなりません!

12月21日(日)には、スタジオLevanteのおさらい会が行われます。
場所は町田のスタジオ「クラウドナイン」にて13:30~の予定です。
観覧は無料ですが、お席に限りがございますので、私までご連絡いただけると幸いです。

そして、今年も残すところ本番は12月14日(日)「スタジオ アダージオ」ライブと
12月26日(金)江古田「シャマイム」ライブの2本となりました。

詳細は、後ほどアップさせていただきます!


さて、だいぶ寒くなってきました。
自転車でスタジオに向かう川沿いの道を走っていると頭上をスーッと
渡り鳥の群れがVの字になって私を追い抜いていきます。
いよいよ冬本番ですね。。。

こうして渡り鳥がV字型で飛ぶのは、羽の上下運動により「翼端渦」と
呼ばれる上昇気流が起き、Vの字に並ぶことによって前に飛んでいる鳥の翼で
発生した上昇気流にうまく乗って、楽により遠くまで飛ぶことができるのです。

なんと単独飛行よりも約70%も遠くまでいけるのだそうです!

しかし、そのV字の先頭に飛ぶ鳥は翼端渦の恩恵をうけることができないので
より疲労してしまうため、先頭を入れ替えながら旅をするのです。
しかも、後ろの鳥は鳴いて前に飛ぶ鳥を励ましたり、脱落した鳥を助けに
いったりもするそうです!

人間社会のような…いや、むしろ生きるということに忠実なぶん、あらゆる欲に
左右される人間よりも秩序正しいように思います。

でも、こうして思いやりや優しさが人間特有のものでなく、地球上の生き物全てに
備わっているものだとすると、本能というものの荒々しいイメージや知覚や感性の
在り方が少し変わってきます。

人が決めた倫理や道徳ではなく、生きるために優しさや他者を思う心がある。


寒い冬の空気が少し温まるお話でした。。。



スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2014/11/24
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/368-b6835f84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: