町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

基礎

昨日は、今、創作中であるグアヒーラの
初ギター合わせをしました。

ようやく一通りの流れはできたものの、
アレグリアスなどに比べると
起承転結のような物語性や盛り上がりなどが
いまいちつくりづらいという壁が…

ギターさんから、とても勉強になるアドバイスをいただき、
色々と試みて、まだまだ改良が必要なようです。。。

その合わせの時に、自分の踊りを
携帯の動画に撮って見たのですが、
ちょっと嬉しい気付きがありました!

それは、いつも合わせの時は、
あれやこれやと考えながら踊りに集中できず、
身体もフワフワを安定していないことが多いのですが、
今回、まだ振りが身体に馴染んでいないにもかかわらず、
少し軸を感じるられるようになった気がしたのです!



なぜだろう??



思い当たることが…

それは、自分が教えるレッスンが増えて、
その分、基礎を一緒にやっているからかもしれません!


たまに生徒さんから、


「なぜ基礎が大事なの?」や


「スペイン人やプロの踊り手は、踊りの中で、
この基礎の動きのブラソ(腕の動き)をあまりやらないですよね?」


などの質問をいただいたりするのですが、
今まで、漠然と基礎の大事さは感じていたものの
あまり上手く答えることができませんでした…

ですが、こうして自分で体感してみて、
何か少し見えてきたように思います。。。


それは、まず踊りにおいて大切なのは、
身体の構造の中で腕、脚、首、腰、…等々の各パーツが
無駄なくより自然に動くこと。

シンプルで調和のとれた基礎のフォームを繰り返すことにより
緊張やクセなどに気付き、自分に意識を向け
本来の能力に邪魔するものを手放していくことが
必要なのではないでしょうか。。。


そして、踊りの中の強弱にかかせない
ぬけ、集める、などの動きは
自分の中の最大限の動きがあってこそ生きてくるもの。

その最大限のポジション(基礎のフォーム)に
動作を無意識にもってこれたら、つまり、無意識に基礎ができれば、
そこで生まれた余裕で、表現につながる個性を出していけるのです。。。



でも、一番重要なのは、ただ基礎を繰り返せばいいというものではなく、
何においてもそうですが…心が空っぽでは意味がないのです。

変わるのを待つのではなく、
変わっていかなくてはいけないのです!


スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/02/11
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/37-c5a754c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: