町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

バレンタイン

昨日、バレンタインのチョコをいただきました!


  choco.jpg


しかも、手作りですよ!
嬉しいですね!

相手のことを考えながら、ついやしてくれた時間を思うと
感動してしまいます。。。


中をあけて見ると、パイの上にはチョコで
「大吉」と書いてありました!!


  120214.jpg


イイことありそうです。。。



そのチョコレートの発祥の地はスペインなのだそうです。

ヨーロッパのチョコレートの歴史は、16世紀にスペインの
フェルナンド・コルテス(Fernando Cortes) がメキシコから
カカオを持ち帰りカルロス1世に献上したところから始まるようです。

当時、栄養価の高いカカオは、飲用として水で溶かし、
疲労回復など薬用とされていたようです。

そう、スペインの定番の朝食といえば、
Chocolate(チョコラーテ:ココア)とチューロ(チュロス)
今、朝にココアを飲む習慣は、この時からかもしれませんね!

美味しいチューロ屋さんは朝から行列ができているんですよ。

とっても美味しくて、クセになるのですが
そのココアに油で揚げたチューロをひたして食べるのですから、
カロリーを考えたらコワくなりますが…

スペイン人のパワフルさは、ここからきているのかもしれません。。。


さて、スペインのバレンタインデーは、
San Valentín(サン・バレンティン)守護聖人の日。

そして、日本と同じ「恋人たちの日」でもありますが、
女性から男性にチョコレート贈る習慣はあまりなく、
食事に出掛けたり、お互いがプレゼントを贈りあったりが
一般的なようです。

ところで、スペインには4月23日に「サン・ジョルディの日」という
もう1日、バレンタインデーのような日があります。
バルセロナを中心としたカタルーニャ地方(北スペイン)の習慣のようで
この日は男性から花を、女性からは本を贈るそうです。

しかし、情熱の国スペイン。

365日「恋人の日」みたいなもので

あえて、バレンタインデーなど必要なさそうな気がしますが…

スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/02/16
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/38-abcbc2ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: