町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

課題

温かいメッセージなどありがとうございます!
ご心配おかけしてすみません。。。

腰痛のほうは、昨日より確実に良くなっているのを感じます!

今日は、もともとレッスンはお休みです。
本当は朝から出かけなければならない用事があったのですが、
予定を変更してもらい今日は、一日中おとなしく家でじっとしておりました。

夕べは、立っていても座っていても痛くて…痛くない体勢がない!
靴下を一人で履くこともできず、歩くのにも歩みはカメなみでした。

病院は、なんと3時間半待ちですよ!

カウンター越しに座っている受付の女の子は、必要な事以外は
しゃべりもせず、笑いもせず…といったことに加えて声が小さいので、
腰痛で前かがみになれないこちらとしては、とってもしんどい…。

患者であるこちらのほうが気をつかって、痛い腰をかばいながら
カウンターに乗り出し話を聞く始末。

これでは、お年寄りはもっと大変だろうと思います。。。

それに、小さい子供だったらただでさえ病気やケガで不安なのに
目も見ないで、事務的に対応されたら、コワいだろうな…と思います。

医療の道を志すなら、まずは人を思うことからはじめてよ!
なんて、自分が弱い立場になって初めて気が付くことって多いです。

たぶん、その受付のかたも決して悪気はないと思うんです。
気が付かない、そこに気が付けないのだと。


私は病院嫌いなので、不調が出ても自力で治そうとしてしまいます。
その度に、よぎる「踊り手生命が絶たれる…」という恐怖。
もし、想像以上の悪さで、病院に行ってそれが
ハッキリわかってしまうくらいなら、
知らないほうがいい…と怯えているのも確かです。

でも、今回は病院でレントゲンを撮ってみて、背骨と腰部の骨と骨の間で
クッションの役割を果たしている 軟骨(椎間板)が、むしろ
しっかりとしていることが分かって安心しました。。。

痛い腰をさすりながら言うのも何なんですが、
日々、身体に負担のかからない踊り方、使い方を探っていた結果に
確信がもてた気がします。

なにしろ、ただでさえ5㎝以上のヒールはいて動くのは腰に
負担がかかるうえ、それで腰をひねって踊り、
足を強く踏んでいるのですから…20年も!

上半身を上に引き上げながら、踊ることの大切さを改めて実感しました。。。

スタジオやちゃんとした環境で踊っている時は、身体の使い方に気を配っていて、
良い緊張感もあるので、ケガをすることはあまりないのですが、
私が、身体を痛めるのは決まって、日常で緊張感が緩んだ時…。

この仕事をしている以上、日々の肉体、筋肉の疲労は避けて通れません。
だからこそ、年齢的にも疲労をとる日頃のケアにもっと気を配らなくては!

一日でもながく踊り続けられるように…。

と、わかっちゃいるのですが…

そして、一番の課題は規則正しい生活!!

早く寝ないとなぁ~~~…

















スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2015/02/17
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/397-3b3be1d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: