町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ● ひとりごと □

要白

『要白』(ようはく)

余白ならぬ要白は、意味のある空間のことで、絵画やデザインの
世界で用いられる言葉である。

と、そんなコラム記事を新聞で見つけました。

その要白こそが、強めたい部分をより強調し、
そして、何も描かれない空間だからこそ、こちらの想像力をかき立てるわけである。





先日、レッスンの合間、発表会に必要なものの買い出しに行くと
とってもキレイなうろこ雲が広がっていました。

もうこの数カ月は、ゆっくり空を見上げる余裕すら無くなっていたように思います。

あまり美しさに、速足だった足を止め、となりで渋滞している車からの
不審に思う視線もはばからず、思わず見入ってしまいました。

人生の要白とは、まさにこのような瞬間を言うのでしょう。。。

生産性や効率化が求められ、何が必要で何が無駄であるのか・・・毎日、
手際良くスムーズに処理していく。
そこに捕らわれていたら、きっと要白を見落としてしまうのだろう。

フラメンコや音楽において要白は・・・というと、おそらく「間」にあたるのだと思います。
こちらも、振りやカウントに追われていては、要白ならぬ間は生まれてこないのでしょう。

さて、発表会まであと少しですね!
通しのリハーサルなどもあって、振付も身体に入ってきたことと思います。。。

明日のリハーサルでは、ぜひ自分の中の「要白」を見つけてみて下さい!

スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2015/11/28
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/472-0316207c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: