町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

「エストレージャ」ライブありがとうございました!

先日の神谷町「エストレージャ」のライブは
おかげ様で満員御礼となりました!

初めてお会いするお客様、常連のお客様、生徒さん
師走の多忙な中、足をお運びいただき心から感謝申し上げます。。。

今年最後の踊り納めをたくさんの方々に見届けていただいた事を
とても光栄に思っております。

そして、エストレージャのお店の皆様、久しぶりに共演させて
いただきましたギターの今田さん、カンテの裕美子さん、本当にありがとうございました!

今回は、スタジオの生徒さんも一緒に参加してのライブでしたが、
このかたが、何より一番大変だったのではないでしょうか・・・

と言うのも、どうしてもアーティストのかたの都合がつかず、
リハーサルが全く無しの本番一発勝負!!
しかも、本番直前に決めた合わせものでは Villancicos (ビジャンシーコ)
(クリスマスソング)で軽く踊ることになったり・・・
今日のお客さんは内輪ばかりだから、公開練習くらいの気持ちで!
なんて言っていたら、たちまち一般のお客様で席がうまり・・・

「先生、話とちがう~!!」

って言う心の叫びが、聞こえてきました。

責任を感じて、労うわけではないのですが・・・
そんなプレッシャーにも負けず、本当に本当によく頑張りました。。。

踊っている時に焦りや不安が顔に出てしまうのが以前、気になっていたのですが
この状況で、それを出さずに空気を途切らせないで踊り切り、
生徒さんが技術的にも精神的にも成長しているのが
私にとって何より嬉しいことでした。。。

昨年から、少しずつ私と一緒に、こうして本番で踊る機会を重ねてきましたが、
その度に、しっかりと経験は蓄積されて、その人自身の厚みになっていると実感しました。


今回、私は・・・と言うと発表会が終わり、すっかり気が抜けてしまい、
体調を崩したこともあって、エンジンをかけるのが大変でした。
前日にやっと何を踊るか決めて、練習したものの集中力がなく、
グアヒーラは即興のようになってしまいました・・・これは反省です!

ですが、何とか良いところを探すとしたら、今回、ぶっつけ本番にもかかわらず
なぜか終始平常心でいられたことです。

きっと、これは発表会の時もそうでしたが、自分のことよりも生徒さんが心配で
自分の事を考えるに至らず、自分の踊りに対する「欲」、
良く見せたいという欲求がなかった・・・からでしょうか??

私もこの一年、生徒さんからたくさんの事を学ばせていただきました!
投げかけられた言葉を受けとめて、それを一度自分で消化してから
返していく・・・それは、知らない自分に出会う旅でもあります。

さあ、来年はどんな旅が待っているのか。。。

もっと遠くへ、そして、あらゆる風景を映し出すような踊り手になれたらいいな。

がんばります!
















スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2015/12/18
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/476-0b82150f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: