町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

大和撫子

土曜日、お昼のレッスンを終え、東京駅へと向かいました。

この日は、愛媛から友人が上京してくるのです。

前に会ったのは、私が愛媛を訪ねて以来、
あれからもう5年も経ってしまったんですね。。。

フラメンコをはじめて間もないころ、アントニオの
スタジオで出会い、一緒にレッスンを受けていた時から
もう干支は一周してしまったかな??

あの時、こんなに大和撫子という言葉がぴったりの人はいないと思った。
でもその印象は今も全く変わっていないのです。

清楚で慎ましやか、それでいて凛としていて…。

そんな彼女を思い浮かべながら、ゴールデンウィークで
ごったがえす東京駅の人混みをかき分ける。

待ち合わせの八重洲中央口。

携帯で話しながらお互いの位置を確かめ、気付いた時には
背中合わせで、すぐ後ろにいたのでした。

なんだか、よくあるコメディーのはじまりみたいな再会に
少し照れながらハグをして笑い合う。

変わっていない笑顔、大和撫子だ。。。


せっかく東京に来たのだから、美味しいものを…
と思ったのに、あいにくどのお店も行列…
食べることよりも早く話をしたいからと
すんなり入れたお店は、お世辞にも素敵とは言い難いお店でした。

話したいことがいっぱいありすぎて、何から話していいのか、
自分を落ち着かせるけれど、あちらこちらの引き出しが
開きだし、頭の中が散らかっている。


「どう?毎日忙しいでしょ?!」

2人の子を持つ母である彼女に言った。

「うん。自分の意思で動いてない感じ…毎日起こることを
ただ受け入れて、流れにまかせてる気がする。」

少し肩をすくめながら、そう答えた。

それから、思い出話やフラメンコの話…
本当に時間はあっと言う間に過ぎ、まだ話したい事の半分も
いかぬまま閉店の時間となってしまった。

でも、5/13の宇和島のセビジャーナスまつりでまた会える!
続きはその時まで!

彼女を改札口まで見送る。


近頃思う…本当の強さは、困難に立ち向かい闘うことではなく、
どれだけ困難を受け入れ、自分らしさに変えていけるか。。。


心の頑丈さでなく、心の柔軟さ。。。


人波に消えていく凛とした彼女の後姿を見送りながら
そんなことを考えていた。


そして、私も自分の乗る路線へ足を向けたのでした。





















スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/04/30
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/54-7fb91f72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: