町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

美術館

今日は、レッスンはお休みでしたが、
7月7日(金)に相模原南市民ホールで行われる
ライブの合わせ練習が午前中にありました。

 IMG_20170606_213214_convert_20170607025040.jpg


こちらは、もう今年で4回目!
毎年、素敵なアーティストの方々と共演させて
いただいております!

そして、午後はこのライブのホール打ち合わせへ。
踊り以外に毎回、照明プランも担当させて
いただいているのです。

とても見応えのあるコンサートですよ!
開演は18:00~ぜひぜひお近くのかたはいらして下さいね!



9月に控えている当スタジオの発表会の準備と
ライブの練習で、自分の時間というものがなかなか
取れません、、、。

そんななか、どうしても見ておきたい美術展があり、
前日、深夜までかかって舞台打ち合わせ資料を作成して
何とか時間を作り六本木国立新美術館に行ってきました!

『ミュシャ展』

  IMG_20170606_210620_convert_20170607024452.jpg

  IMG_20170606_210545_convert_20170607024408.jpg



最終日間近!なんと、2時間待ち!!

今年に入って、私の好きな美術展がたくさん開催されて
いるのですが、こんな時に限って忙しかったりして、
諦めたりもしました。

でも、今回はどうしても見逃したくなかったのです!
チェコのプラハ美術館は、そうそう行けるものでもありませんからね、、、


ミュシャの作品展は何度か観ていますが、リトグラフやポスターなど商業的な
作品が主で、もう100年以上も前ですが、古さを感じさせないグラフィックデザイナー
といった印象でした。
ですが、今回アール・ヌーヴォーの作風とは異なり、写実的で
6メートル×8メートルからなるスラヴ民族の歴史を描いた大作

『スラヴ叙事詩』

これが見たかったのです!


   DSC_0543_convert_20170607024901.jpg

今回、撮影OKの展示エリアがありました!

以前、ヨーロッパで美術館を巡った時は、写真撮影はたいがいどこでも可能で、
名画の前で、学生や一般のかたがイーゼルを立てて模写をしている
光景をよく目にしましたが、日本のこの激混み状況ではあり得ないですね、、、。

平和主義者のミュシャは、絵の中で血など生々しい残虐な描写はあえて
描かないそうです。
かわりに訴えかけるようにこちらを見ている人物が描かれており、
その瞳からは希望の光が消え、何でものみ込んでしまう真っ黒な穴のようです。
絶望や憎しみ、悲しみ、、、全てを物語っています。

   IMG_20170606_210920_convert_20170607024804.jpg
  
   DSC_1433_convert_20170607024228.jpg


ああ、見れてよかった。。。


すっかり日も暮れてしまい、そのまま町田に戻って練習です。
スタジオに着く頃には、すっかり足がゾウのように重く
ほとんど練習にはなりませんでした、、、

うん、でも良かった!心の栄養になった!!

















スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2017/06/06
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/599-38b5e5e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: