町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

カルメン



先日、上野の東京都美術館で7月上旬まで開催されていた
「ブリューゲル展」のお土産を友人からいただきました!
ありがとうございます。。。

私、ネーデルランド(現在のオランダとベルギーをまたがる地方)美術に
魅かれるものがあって、とくに「バベルの塔」で有名なブリューゲルは
とっても好きなんです!

あーーー、観に行きたかったなぁ!!どうしても予定がつかず、
見逃してしまいました、、、。

ブリューゲル一族は、16世紀フランドルを代表する画家
ピーテル・ブリューゲル1世に始まり、5世代と
なんと150年にわたって画家を生み出しているんです。

ピーテル・ブリューゲルの子も同じ名前の「ピーテル・ブリューゲル」
ややこしいですね、、、
なので、「ブリューゲル(父)」「ブリューゲル(子)」なんて記載されていたりします。



さて、発表会準備で奔走していたため、ブログが滞ってしまい、
かなりさかのぼってのお話となりますが、、、

6月の中旬に生徒さんが出演するオペラ「カルメン」の公演を観に
中原市民館ホールへ行ってきました!

   IMG_20170623_020218_convert_20170704220226.jpg

なんと生徒さん、メゾ・ソプラノの大役とも言われる主役のカルメンの
座を射止め、その役作りのため半年前からうちのスタジオに
通っていたのです!

  DSC_0457_convert_20170430162936.jpg

ちなみに、みなさんフラメンコ=カルメンの印象が強いかと思います。
物語の舞台は、スペインのセビージャですが
ジョルジュ・ビゼーが作曲したフランス語によるオペラなんです。


さて、座席についた私は、もう親心、、、。

「生徒さん、ちゃんとカスタネット打ちながら唄えるかしら、、、
「舞いながら唄えるかしら、、、

手に汗を握りしめていました。

いざ幕が上がると、そんな心配はどこへやら!
生徒さんの堂々とした動き、存在感、会場いっぱいに
響き渡る歌声!

すっかり、私は魅了されていました。。。

カスタネットも半年で仕上げたとは思えないほど
よく指も動き、曲の中のとっても良いアクセントとなって
お客さんが、見入っているのを感じました。

ついつい私も誇らしく、嬉しくて

「ブラボー!!」

と言いたくなりましたが、
普段、レッスンでもさんざん大きな声で

「オレー!」

は言っているのに、畑が違うと恥ずかしくて出てこないものですね、、、


私自身、とっても良い経験をさせていただきました。。。

これからのご活躍が益々楽しみです!


スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2017/07/18
Trackback:0
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/604-531f0ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
現在の閲覧者数: