町田フラメンコスタジオ『Levante』~レバンテ~

□ ●ブログ Marca del viento ~風跡~ □

【旅の記録5/14】

2012.05.14



この旅行中、お天気に恵まれ、ずっと顔出していた太陽も
今日は姿を隠したまま朝から曇り空。

時々パラつく雨は、まるで今日この地を去る私達との
お別れを惜しんでいるかのようです。。。

夕べの余韻に浸りながら、帰り仕度をするのでした。



昨夜は、セビジャーナスまつりを終え、ホテルに荷物を置いてから
打ち上げのため居酒屋さんへと向かいました!

ファミリーレストランなみの広さの、とても活気あるお店で
テーブルに次々と運ばれるお料理は、どれもボリュームがあって
とにかく美味しい!!
そして、なによりお刺身やお魚料理は、やっぱり、こっちとは違い
新鮮で身が締まっていて格別です!!


この日のセビジャーナスまつりの成功を祝って乾杯!!


みなそれぞれ、達成感とフラメンコに対する熱い思いを語り始める。。。


私の目の前には、カルメンさんやサンチャゴさん、
そして、となりにはチーボーがいて…とても感慨深い気持ちになりました。

話すと初めてお会いした時の気持ちがよみがえり、
まるで、あの時に戻ったような不思議な感覚。。。

もう6年?7年前だろうか??
初めて宇和島でライブした時は、唄い手がいなくて
なんと私が歌うことに…
今でこそ歌いながらレッスンをするけれど、
当時は自分が踊るのだけで精一杯…

なかなか音程が合わず、歌い出しからズッコケてばかりの私に
サンチャゴさんもカルメンさんもみんな辛抱強く、リハーサルに付き合って下さった!

その甲斐あってか、音程もくるうことなく本番はノーミス!!
奇跡でした。。。

「まったく、君にはやられたよ…」

頭をかきながら、少しいたずらにハニかむサンチャゴさん。
昨日のことのように思い出されるのでした。。。


このラ・パシオン宇和島支部のみなさんは習い事という枠を超え、
フラメンコを通して人と人との繋がりをとても大切にしているのが、
本当に伝わってきます。。。

もちろん、先生であるチーボーの人柄ありき…友人である私が
一番よく分かっています。



長いようで、短い人生。

この大切な時を同じ温度をもった仲間と共に
同じ方向を目指すことができる。。。

これに代わる財産て、他にあるだろうか…?

私もたった一日ではあったけれど、
この貴重な時間を共有させていただいたことを心から幸せに思うのでした。。。



さて、酔い醒ましに歩いて5分ほどにある「すず」という喫茶店へ移動。

扉を開けてビックリ!!

小ぢんまりした店内には、お坊さんの団体様が…坊主頭がびっちり並んでいる!

ふり返り、そのなかのお一人が一言

「まぶしくてすみません…」

ちょっと苦笑い。。。


どうにかつめていただいて、あっという間に狭い店内は人でうめつくされた。

たばこの煙でいい色にすすけた木のカウンターの奥には
壁一面の棚にレコードがぎっしりとならんでいる。

雰囲気のあるとっても素敵なお店だ。。。

気が付くと、流れていた音楽がJAZZからFLAMENCOに変わっていた!

それでも、言葉少ないマスターは、黙ったままゆっくりコーヒーを淹れている。


そこでも、私達は熱くフラメンコを語った。。。


間もなく午前0時をまわろうとしていた。
そろそろお開きの時間です。

真っ暗な街に「すず」の看板がポツリと光り、
その明りが、私達を映し出していた。

カルメンさんとお店の前で抱擁…あれ?この景色は、デジャヴー??

そう、初めて宇和島を訪れた日の別れの時も同じこの場所。
そして、必ずまた来るから!全く同じ言葉を心でつぶやいたのでした。。。



昨日のそんな思い出深い夜…


そして、朝、ホテルのチェックアウトを済ませ、
車で迎えにきてくれた友人の車に乗り込み
彼女のご主人が営む画廊へ向かった。

淹れてくれたコーヒーをいただきながら、本番の準備で
ゆっくりとお話できなかった分を取り戻すのでした。。。

そして、お昼には彼女のお母様がお仕事中にもかかわらず、
お昼休みにぬけ出して、わざわざ私達のために一緒にお昼ご飯を…と
駆け付けて下さった。

その優しさに、またまた私達は感動するのでした。。。

最後の食事は、やっぱり「鯛めし」!!
しばらく食べれなくなってしまうからねっ!


いよいよお別れの時…。

宇和島から夜行バスが出る松山へ向かうバスへ乗りこむ。
いつまでも手を振ってくれるチーボー。
見えなくなるまで私達も手を振り続けたのでした。。。


松山のみなさん、そして、宇和島のみなさん
本当にありがとうございました。。。

その後、バスは松山から約14時間かけて無事に横浜へ到着したのでした。


看護師さん、公務員さん、などなど…
みなさん、それぞれお仕事やご家庭を抱えながら一生懸命、フラメンコと向かい合っていた。

数ある踊りの中から、何故かフラメンコを選んで…しかも日本から遥か彼方の異国の踊りを。

なぜ踊るのか…

考えるととても不思議なことだけど、
それは、私自身にもわからないことなのだ。

でも、理屈ぬきに、その奥に何かがあることはわかっている。。。

その何かを探求していくことが、日常の彩りに、
時には、己の心の強さに繋がっていくことも知っている。。。

そして、何より思う。
フラメンコを思うこの真っすぐな心が、
素敵なみなさんとの出会いを導いてくれるのだと。。。



さあ、明日からも頑張れそうです!!

オレー!!
  120513_1621291_convert_20120603045824.jpg
















スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/06/07
Trackback:1
Comment:0

Comment

コメントの投稿

:
:
:
:
:

:
: ブログ管理者以外には非公開コメント

Trackback

TrackbackUrl:http://kazeatoflamenco.blog.fc2.com/tb.php/73-3ead9678
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

* まとめtyaiました【【旅の記録5/14】】

2012.05.14この旅行中、お天気に恵まれ、ずっと顔出していた太陽も今日は姿を隠したまま朝から曇り空。時々パラつく雨は、まるで今日この地を去る私達とのお別れを惜しんでいるかのよ
2012/06/09 [まとめwoネタ速neo]
 
現在の閲覧者数: